スポンサーリンク

「話し」と「話」

この記事は約1分で読めます。

はじめに

1.私は話しました。

2.私は話をした

1.の「話」は「はな」と読み、

2.の「話」は「はなし」と読みます。

作文をする時に、送り仮名に「し」が

いるのかいらないのか考えたことありませんか?

実は小学生には、この間違えをする人が割といます。

この差はなんでしょう?





解説

1.私は話しました。

2.私はをした。

端的に言うと、

「話」について

1.は動詞

2.は名詞

であることが送り仮名「し」の有無を決めます。

動詞の場合、

「話さ」

「話し」

「話す」

「話せ」

「話そ」

のように送り仮名の部分(活用語尾)が活用します

そのために動詞には送り仮名が必要なのです。

一方名詞は活用しないので送り仮名を要しません。

これが送り仮名の有無を決める差です。

動詞については以下をご参照下さい。

これで完璧ですね!!




コメント

タイトルとURLをコピーしました