スポンサーリンク

【係り結びの法則③】係り結びの省略・流れ(消滅、消去)・逆説用法

この記事は約9分で読めます。

はじめに

係り結びは全3部構成です。

今回は第3部です。

【第1部】

係り結びの法則というものが何なのか

生徒も十分理解できるように根本から説明しています。

【第2部】

係助詞「ぞ・なむ・や・か・こそ」および反語「やは」「かは」について、

例文を用いて一つ一つ丁寧に解説をしています。

係り結びの法則のつまずきはここで解消しましょう!

【第3部】

係り結びの法則の応用として、

係り結びの省略

係り結びの流れ・消滅・消去

係り結びの逆説用法

について2~3つずつ例文を用いて丁寧に説明をしています。




解説

係り結びの省略

⑬これなむ都鳥みやこどり

これが都鳥(である)。

隣の男よりかくなむ

隣の家の男からこのように(あった。)

知られざりけるに

お分かりにならなかったのでしょうか。


太字は係助詞

係り結びの省略とは、

係助詞があるにも関わらず、

その結びの語が省略されていることです。

解釈をするにあたって、

省略されている言葉を

補わなくてはいけません。

例文で確認しておきましょう。

例文1

⑬これなむ都鳥

これが都鳥(である)。

この場合、

係助詞「なむ」があるので、

連体形の結びの語があるはずですが、

「都鳥」という名詞があるだけです。

つまり、

係助詞「なむ」の結びの語が省略されているのです。

ここでは、

鳥を指して、

あれが都鳥という鳥であると説明している場面なので、

断定「なり」などが補えます。

なお、

係助詞「なむ」は

結びの語に連体形を要求します。

したがって、

「なり」は「なる」に活用します。

⑬これなむ都鳥。

↓断定「なり」

これなむ都鳥なる


太字は係助詞 ・赤字は補った語

※「なり」は係助詞「なむ」があるので連体形になっている。




例文2

⑭隣の男よりかくなむ

隣の家の男からこのように(あった。)

この場合も、

係助詞「なむ」があるので、

連体形の結びの語があるはずですが

文末にあり、結ぶ語がありません。

係助詞「なむ」の結びの語が省略されているのです。

ここでは、

女のもとに男から和歌が届くので、

おこしたり(送ってきた)」などが補えます。

なお、

係助詞「なむ」は

結びの語に連体形を要求します。

したがって、

「たり」は「たる」に活用します。

⑭隣の男よりかくなむ

↓遣したり

隣の男よりかくなむ遣したる


太字は係助詞 ・赤字は補った語

※「たり」は係助詞「なむ」があるので連体形になっている。

例文3

⑮知られざりけるに

お分かりにならなかったのでしょうか。

この場合、

係助詞「や」があるので、

連体形の結びの語があるはずですが

文末にあり、結ぶ語がありません。

係助詞「や」の結びの語が省略されているのです。

ここでは、

お分かりにならなかったのであろうか

というような意味なので、

「あらむ」「ありけむ」が補えます。

これは単純に

「にや」があるから「あらむ」「ありけむ」を補う

と思って大丈夫です。

なお、

係助詞「や」は

結びの語に連体形を要求します。

したがって、

「あらむ」「ありけむ」は連体形に活用します。

⑮知られざりけるに

↓あらむ(ありけむ)

知られざりけるにあらむ


太字は係助詞 ・赤字は補った語

※「む」は係助詞「や」があるので連体形になっている。




係り結びの流れ・消滅・消去

⑯かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちに入れつべけれど、

このようなことは、きまりのわるいことのうちにしまっておくはずであるが、

⑰人々なむ別れ難く思ひて、

人々は別れ難く思って、

⑱母北の方なむ、いにしへの人のよしあるに、親うち具し、さしあたりて世におぼえはなやかなる御方々にもいたう劣らず、何ごとの儀式をももてなし給ひけれど、

母は、古風な由緒ある人で親がそろっていて、当面の世間の評判は華々しい御方々にもそれほど劣らず、何かの儀式も行いなさったが、


太字は係助詞 ・下線部は結びの語

係り結びの流れは、

消滅、消去ともいいます。

ここで係り結びの法則の大原則確認しておきましょう。

さて、

この画像にあるように

通常、

係助詞は結びの語に

特定の活用形を要求します。

「ぞ・なむ・や・か」であれば連体形です。

しかし、

係り結びの流れでは、

この原則がなくなります。

ただし、ルールがなくなるわけではありません。

別のルールになります。

詳しくは後述しますが、

それは多くの場合、

結びの語に伴う接続助詞です。

接続助詞は、

特定の活用形に接続します。

そのルールに従って結ぶ語が流れていきます。

ここでいう「流れる」とは、

本来係り結びの法則は、

結びの語が句点(。)で終止します。

しかし、

接続助詞がついて終始しなくなることを

「流れる」といいます。

例文1

⑯かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちに入れつべけれど、

このようなことは、きまりのわるいことのうちにしまっておくはずであるが、


太字は係助詞 ・下線部は結びの語

ここでは

係助詞は「こそ」、

結ぶ語は「べけれ」

です。

係助詞「こそ」があるので

通常であれば、

「入れつべけれ。」と

文が已然形で終始します。

しかし、

例文は

「べけれど、」

というように終始せず、

接続助詞「ど」を伴って続いています。

これはまさに

係り結びが流れているのです。

多くは接続助詞を伴って流れていきます。

【流れる前】

かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちに入れつべけれ

【流れた後】

⑯かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちに入れつべけれ


太字は係助詞 ・下線部は結びの語

ここで一つ注意です。

「入れつべけれど、」

の「べけれ」は已然形です。

しかし、

その理由は係助詞「こそ」の存在ではありません。

これは接続助詞「ど」が接続しているからです。

接続助詞「ど」は已然形に接続します。

だから「べけれ」は已然形なのです。

もし「こそ」ではなく「ぞ」だとしても、

「べけれ」は「べけれ」のままです。

【流れる前】

かやうのこと、かたはらいたきことのうちに入れつべき

【流れた後】

かやうのこと、かたはらいたきことのうちに入れつべけれ


太字は係助詞 ・下線部は結びの語




例文2

⑰人々なむ別れ難く思ひて、

人々は別れ難く思って、

ここでは

係助詞は「なむ」、

結ぶ語は「思ひ」

です。

係助詞「なむ」があるので

通常であれば、

「人々なむ別れ難く思ふ。」と

文が連体形で終始します。

しかし、

例文は

「思ひて、」

というように終始せず、

接続助詞「て」を伴って続いています。

これはまさに

係り結びが流れているのです。

多くは接続助詞を伴って流れていきます。

なお、接続助詞「て」は連用形に接続します。

【流れる前】

人々なむ別れ難く思ふ

【流れた後】

⑰人々なむ別れ難く思ひ


太字は係助詞 ・下線部は結びの語

例文3

⑱母北の方なむ、いにしへの人のよしあるに、親うち具し、さしあたりて世におぼえはなやかなる御方々にもいたう劣らず、何ごとの儀式をももてなし給ひけれど、

母は、古風な由緒ある人で親がそろっていて、当面の世間の評判は華々しい御方々にもそれほど劣らず、何かの儀式も行いなさったが、

ここでは

係助詞は「なむ」、

結ぶ語は「けれ」

です。

係助詞「なむ」があるので

通常であれば、

「給ひける。」と

文が連体形で終始します。

しかし、

例文は

「給ひけれど、」

というように終始せず、

接続助詞「ど」を伴って続いています。

こちらも同様に、

接続助詞を伴って流れています。

【流れる前】

母北の方なむ、いにしへの人のよしあるに、親うち具し、さしあたりて世におぼえはなやかなる御方々にもいたう劣らず、何ごとの儀式をももてなし給ひける

【流れた後】

⑱母北の方なむ、いにしへの人のよしあるに、親うち具し、さしあたりて世におぼえはなやかなる御方々にもいたう劣らず、何ごとの儀式をももてなし給ひけれど、



太字は係助詞 ・下線部は結びの語




係り結びの逆説用法

⑲はじめこそ心にくくもつくりけれ

はじめのうちは奥ゆかしく取り繕っていたが、

⑳中垣こそあれ

垣根はあるが、


太字は係助詞 ・下線部は結びの語

係り結びの逆説用法は、

係助詞「こそ」だけに起こるものです。

逆説用法は、

結びの語が原則通り已然形となりますが、

文が終止せず、

下の文に逆説の意味でつながっていくことです。

多くの場合以下の形を取ります。

【原則】

こそ+已然形。

【逆説用法】

こそ+已然形

このように読点(、)を伴うことが多いかもしれません。

あくまで教科書やワークの話ですが…

例文1

⑲はじめこそ心にくくもつくりけれ

はじめのうちは奥ゆかしく取り繕っていたが、


太字は係助詞 ・下線部は結びの語

これは

係助詞「こそ」があるために

結びの語が「けれ」という已然形になっています。

しかし文は終始せず続いています。

そのためこれは

逆説用法となります。

【原則】

はじめこそ心にくくもつくりけれ

はじめのうちは奥ゆかしく取り繕っていた。

【逆説用法】

⑲はじめこそ心にくくもつくりけれ

はじめのうちは奥ゆかしく取り繕っていたが、

例文2

⑳中垣こそあれ

垣根はあるが、


太字は係助詞 ・下線部は結びの語

これは

係助詞「こそ」があるために

結びの語が「あれ」という已然形になっています。

しかし文は終始せず続いています。

そのためこれは

逆説用法となります。

【原則】

中垣こそあれ。

垣根はある。

【逆説用法】

中垣こそあれ

垣根はあるが、

これが係り結びの逆説用法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました