スポンサーリンク

古文)動詞の活用の種類(まとめ)

この記事は約2分で読めます。

はじめに

古文にも現代文にも活用の種類があります。

古文の活用の種類について言及する前に、

まず現代文の動詞の活用の種類を以下の記事を見てみましょう。

上が正格活用で、下が変格活用です。

ちなみに現代語の文法のことを「口語文法」、

古典における文法のことを「文語文法」と言います。






概要

画像のように

現代文では

動詞の活用の種類は

「五段活用」

「上一段活用」

「下一段活用」

「カ行変格活用」

「サ行変格活用」

の5種類です。

一方で、それが古文では以下の9つになります。

  • 四段活用
  • 上二段活用
  • 上一段活用
  • 下二段活用
  • 下一段活用
  • カ行変格活用
  • サ行変格活用
  • ナ行変格活用
  • ラ行変格活用

これらは「古文を読む」というためには意外と理解しておく必要があります。






解説

本記事では詳述することは割愛します。

以下のページよりご自身が気になるものを見てください。

記事を載せただけですが、そちらにまとめてありますのでご参照ください。






コメント

タイトルとURLをコピーしました