スポンサーリンク

古文)超簡単な基礎理解!活用の種類の見分け方

この記事は約6分で読めます。

活用の種類とは

活用の種類とは、

用言(動詞・形容詞・形容動詞)が

どのように活用する(形を変える)か分類したものです。

それは

現代語の文法では5個、

古文の文法では9個

になります。

本記事では古文を取りあげますので、

現代語の文法のほうも気になる方は以下をご参照ください。

それでは古文の活用の種類の見分け方を見ていきましょう。





見分け方(四段活用動詞を例に)

上の表を見てください。

これは、

活用の種類を見分けたい言葉に付けると、

その言葉の活用の種類が分かる優れものです

例えば、見分けたい語が「書く」だとしましょう。「書く」に上の表の語を付けると、

  • (未然形)「書か」ず
  • (連用形)「書き」けり、「書き」て
  • (終止形)「書く」。
  • (連体形)「書く」もの、「書く」とき、「書く」こと
  • (已然形)「書け」ども
  • (命令形)「書け」

というように「書く」の形が変わりますね。

まずはこのように活用させることができるようになってください。

どうしても全部覚えるのが難しい人は最悪の場合

未然形につく語「ず」だけは覚えてください。

とはいえ未然形だけでなく、

全ての活用系に変えられることは、

国語学習において非常に重要です。

 

さて

ここでさきほど活用させた語(の活用語尾)の母音に注目してみましょう。

  • (未然形)「書か」→ka→a
  • (連用形)「書き」→ki→i
  • (終止形)「書く」→ku→u
  • (連体形)「書く」→ku→u
  • (已然形)「書け」→ke→e
  • (命令形)「書け」→ke→e

未然形から順番にa.i.u.u.e.eとなります。

このa.i.u.u.e.eの四段で活用する動詞のことを「四段活用」というのです。

このように、

これらの言葉を付けて、母音を見ることで活用の種類が判断できるのです。





見分け方(9つの活用の種類)

これはこの記事で簡単にまとめました。

この記事で挙げた表です。

これは、古文における動詞の9つの活用の種類をまとめたものです。

この表の作り方は、やはり、

  1. 「ず」「けり・て」「。」「もの・とき・こと」「ども」「✖」を付けて活用させる
  2. 活用させた語(の活用語尾)の母音を見る
  3. その母音の規則性を見つけ、活用の種類を判断する

この手順が重要です。

まぁ、結局は慣れだと思いますので、この手順をもとに、活用させて活用の種類を判断することを何度も練習しましょう。





超簡単な判別方法「四段活用」と「ラ行変格活用」

古文で活用の種類を考える時、

その考えたい語に打ち消しの助動詞「ず」をくっつけるといいましたね。

例えば、

元の語が「書く」だと「書かず」になりました。

このようにしてほとんどの動詞について考えていきます。

それでは先ほどの「書く」で考えてみましょう。

打ち消しの助動詞「ず」を付けると「書かず」で、

「書ず」の「か」は「ka」と発音し、母音が「a」ですね?

このように

「ず」を付けて、

元の語の母音が「a」になるとその語は

四段活用動詞

行変格活用動詞

ナ行変格活用動詞

のどれかということになります。

打ち消しの助動詞「ず」を付けて、元の語の母音が「a」なら

四段活用動詞

ラ行変格活用動詞

ナ行変格活用動詞

たったこれだけなんですね!

そして

ラ行変格活用は

「あり」

「をり(居り)」

「はべり(侍り)」

「いまそかり・いまそがり」

しかありません。

またナ行変格活用動詞は

「死ぬ」

ぬ・ぬ」

しかありません。

つまり、

このようにいえます。

  • ラ行変格活用(ラ変)→あり」「をり(居り)」「はべり(侍り)」「いまそかり・いまそがり」
  • ナ行変格活用動詞(ナ変)→「死ぬ」「去ぬ・往ぬ」
  • 四段活用→ラ変・ナ変以外の動詞で、「ず」をつけた未然形の母音がa




超簡単な判別方法「カ行変格活用」「サ行変格活用」「ナ行変格活用」

いきなりまとめます。

  • カ行変格活用(カ変)→」のみ
  • サ行変格活用(サ変)→「す」「おはす」のみ(基本的には)
  • ナ行変格活用(ナ変)→「死ぬ」「ぬ・ぬ」のみ

たったこれだけなんです。簡単ですね。





超簡単な判別方法「上一段活用」「上二段活用」

上二段活用を先に考えましょう。

上二段活用とは、

「i」と「u」の2段で変わる活用の種類のことをいいます。

上二段活用の

「落つ」は「i」と「u」の2段で変わります

これが上二段活用です。

 

次に上一段活用ですが、

これは全て「i」で変わるのです

ちなみに上一段活用は、

贔屓ひいきに見入る(ひいきにみいる)で覚えられます。

「ひいきにみいる」とは、

る・る」、

「射る・る」、

「着る」、

「似る・煮る」、

「見る」

る・る」

の動詞のことです。

  • 上二段活用→「i」「u」で変わるもの
  • 上一段活用→「i」のみでかわるもの
  • 上一段活用→贔屓に見入る(る・る」、「射る・る」、「着る」、「似る・煮る」、「見る」「る・る」)」でも覚えられる。




超簡単な判別方法「下一段活用」「下二段活用」

下二段活用を先に考えましょう。

下二段活用とは、

「e」と「u」の2段で変わる活用の種類のことをいいます。

下二段活用動詞の

「受く」は「e」と「u」の2段で変わります

これが下二段活用です。

次に

下一段活用は「蹴る」だけで、

「e」だけで変わります

簡単ですね。まとめます。

  • 下二段活用→「e」と「u」だけで変わる
  • 下一段活用→「e」だけで変わり「蹴る」のみ




【時間が無い人向け】超簡単な判別方法まとめ

  1. ラ行変格活用(ラ変)→「あり」「をり(居り)」「はべり(侍り)」「いまそかり・いまそがり」
  2. ナ行変格活用(ナ変)→「死ぬ」「ぬ・ぬ」のみ
  3. 四段活用→ラ変・ナ変以外の動詞で、「ず」をつけた未然形の母音がa
  4. カ行変格活用(カ変)→「」のみ
  5. サ行変格活用(サ変)→「す」「おはす」のみ(基本的には)
  6. 上二段活用→「i」「u」で変わるもの
  7. 上一段活用→「i」のみでかわるもので、「贔屓に見入る(「る・る」、「射る・る」、「着る」、「似る・煮る」、「見る」「る・る」)」でも覚えられる。
  8. 下二段活用→「e」と「u」だけで変わる
  9. 下一段活用→「e」だけで変わり「蹴る」のみ

ながながと書きましたが、これは絶対に理解しておく内容なので、時間があればもう一読するといいかもしれません。





コメント

  1. 心晴 より:

    画像の活用形が四段ではなく五段になっていましたので
    一応お知らせしておきます。
    すごく見やすいので明日のテストに向けて
    使わせて頂きました!!

    • みかたんご より:

      ありがとうございます!
      うっかりしていました。大変助かります!

      参考にできるところは参考にしてください。
      テスト頑張ってくださいね☺

タイトルとURLをコピーしました