スポンサーリンク

古文)形容動詞の活用の基礎!

この記事は約4分で読めます。

はじめに

形容動詞とは、現代語では「元気だ」「静かだ」などのように、

言い切りが「だ(もしくは「です」)」になるもので、

その多くは物事の性質や状態を表します

そのような形容動詞は「用言」というものに含まれます。

用言とは動詞・形容詞・形容動詞のことですが、詳しくは以下の記事をご覧下さい。

それでは本記事では、古文の形容動詞について見ていきましょう。




古文の形容動詞の言い切りの形

現代語では形容動詞の言い切りの形は「だ・です」です。

古文の形容動詞の言い切りの形は「なり」「たり」になります。

たとえば、「静かなり「清げなり」悠々たり「漫々たり」などです。

古文の形容動詞の二つの活用の種類(ナリ活用・タリ活用)

古文の形容動詞は、その言い切りの形「〜なり」と「〜たり」から、

ナリ活用タリ活用の二つの活用の種類があります。

このナリ活用とタリ活用には傾向があり、

ナリ活用には、和語(日本の言葉・訓読み)+「なり」

タリ活用には、繰り返す漢語(音読み)+「たり」

という特徴があります。

ナリ活用の和語とは「静か」「清げ」などで、

「静か」+「なり」

「清げ」+「なり」

となり、

タリ活用の繰り返す漢語とは「悠々」「漫々」などで、

「悠々」+「たり」

「漫々」+「たり」

となります。

  • ナリ活用→和語+「なり」
  • タリ活用→漢語+「たり」




古文の形容動詞の二つの活用(「本活用」「補助活用」)

上の表のように古文の形容動詞には二つの活用があり、

「(本活用)」「(補助活用)」といいます。

なぜ(本活用)(補助活用)のように( )があるのかというと

厳密には形容動詞では「本活用・補助活用」という言葉は使わないからです。

この言葉はあくまで形容詞の言葉とされています。

ですので、利便性ゆえ本活用・補助活用という言葉を使いますが、あくまで「形容詞でいうところの」ということに注意してください。

詳しくはこちらの記事にあります。

本活用は、その語の本来の活用のことで、

補助活用(カリ活用)は、本活用から派生した活用のことです。

そして、補助活用には、助動詞を伴うという性質があるので、

助動詞を接続させるためには補助活用を用います

補助活用の成り立ち

本活用+「あり」の各活用(ただし終止形、已然形、命令形除く)+助動詞

補助活用+助動詞





なぜ「形容動詞」というのか(口語・文語共通)。

ここでもう一度形容動詞とは何かを確認しておきますが、

形容動詞とは、

物事の性質や状態を表す語のことです。

ここで「あれ?」と思った方はいませんか?

実は形容詞も

物事の性質や状態を表す語

と説明されます。

形容詞は、他の語を形容する(物事の性質や状態を表す)語なので、「形容詞」と言えます。

しかしなぜ形容動詞は形容動詞なのでしょうか。

それは形容動詞の

①働き・②活用の種類

が関係します。

①形容動詞の働き

形容動詞は先程も書いたように、

物事の性質や状態を表す

働きをします。

ここで形容動詞と形容詞の働きを確認しておきましょう。

形容詞・形容動詞の働き

形容詞・・・物事の性質や状態を表す

かわいい

・(足の)早い

形容動詞・・・物事の性質や状態を表す

静かな

元気な姿

これは形容詞と形容動詞の共通することです。

ですので、形容詞と同じ働きをするので「形容動詞」には、「形容」という名前がつきます。




②形容動詞の活用の種類

次に、形容動詞の活用ですが、

ここで形容動詞の活用表を見てみましょう。

ここで注目したいのは、補助活用の「なら・なり・なり・なる・なれ・なれ」です。

これは「な」を除くと「ら・り・り・る・れ・れ」というラ変動詞の活用と同じです

このように動詞のような活用をするため「形容動詞」には「動詞」の名がつきます。

しかし形容詞も補助活用は下の表のように、ラ変動詞のような変わり方(ラ変動詞型)をします。

ですので、これも形容動詞じゃない?と思いもしそうですが、

形容動詞の活用の種類は「ナリ活用」「タリ活用」で、「ナリ」「タリ」の名前は

「にあり」→「なり(ナリ)」

「とあり」→「たり(タリ)」

のように動詞が関係します。ですので、形容「動詞」なのです。

一方、形容詞の活用の種類である、「ク活用・シク活用」の「ク」「シク」という名前は動詞が関係しません。

その点で形容詞と形容動詞は区別します。

なぜ「形容動詞」は「『形容』『動詞』」というのか

①働きが形容詞と同じ

②活用の種類がラ変動詞

による。

まとめ




コメント

タイトルとURLをコピーしました