スポンサーリンク

古文)形容詞の活用形の基礎!

この記事は約4分で読めます。

はじめに

形容詞とは、現代語だと「赤い」「早し」「ない」などのように、

言い切りの形が「い」で終わるもので、その多くはものごとの状態や性質をあらわします。

そのような形容詞は「用言」というものに含まれます。

用言がなんなのか、また現代語(口語)における形容動詞については以下をご参照ください。

それでは本記事では古文の形容詞についてみ見ていきましょう。





古文の形容詞の言い切りの形

形容詞は現代語では、言い切りの形が「い」で終わりました。

たとえば「赤い」「早い」「ない」などです。

一方で古文の形容詞は言い切りの形が「し」で終わります。

たとえば「赤し」「早し」「なし」などです。

「二つの活用の種類」(ク活用・シク活用)

形容詞にはさきほど確認したようにさまざまなものがあります。

そして形容詞は、活用の種類によって二つに分類されます

一つは「ク活用」でもう一つを「シク活用」と言います。

これはどう判断するかというと、活用語尾からわかります。

活用語尾とは、その語の変化するところです。

たとえば「読む」だと、「読ま」「読み」「読む」「読め」と変わるので、「む」のところが活用語尾です。

この活用語尾で判断します。

それでは「ク活用」を「なし」、「シク活用」を「悲し」で見てみましょう。

この表を見てみると、

「なし」は未然形と連用形が「く・く」となっていて、

「悲し」は「しく」「しく」となっています。

このように活用表を見て、活用語尾に「し」が含まれている場合は「シク活用」となるのです。

逆に言うと活用語尾に「し」が含まれていない場合は「ク活用」となります。

一般に形容詞に「なる」をつけて判断するといいと言われており、

「なし」+「なる」→「なくなる」

「悲し」+「なる」→「悲しくなる」

ということからも、「なし」がク活用、「悲し」がシク活用とわかります。

補足として「同じ」「いみじ」などの「じ」で終わる語ですが、

これらは下の表の通り、活用語尾が「じく」となっていますが、「ジク活用」はなく「シク活用」になります。




ク活用・シク活用の特徴(主観と客観)

さきほど形容詞の活用形は「ク活用」と「シク活用」に別れると書きましたが、

ク活用とシク活用に分類される形容詞には、それぞれ特徴があります。

それは、

ク活用は「客観(外面)を表し、

シク活用は「主観(内面を表す

という傾向にあるという特徴です。

たとえば、

ク活用の「赤し」「早し」「ない」は、

はたから見てもある程度わかる客観(外面)的ものです。

しかし

シク活用の「楽し」「悲し」などは、

はたからではわからない主観(内面)的なものです。

この観点を「ク活用」「シク活用」の判断基準にするのは少し微妙ですが、

言葉の仕組みとしてはおもしろいですよね!

ちなみになぜ微妙かというと、

「憂し」「おもしろし」「心細し」「にくし」などは主観・内面に関わってきそうな形容詞で、

シク活用のような気がしますが、

これらは「ク活用」です。

ですので、一概に「ク活用は客観・シク活用は主観」とは言えないと思いますが、あくまで参考程度の基準とおもってください。

  • ク活用→客観
  • シク活用→主観

の傾向にある。





二つの活用(本活用・補助活用(カリ活用))

下の表を見てください。

ここにあるように形容詞(と形容動詞と一部の助動詞)には、

「本活用」「補助活用(カリ活用)」というものがあります。

本活用とは、その言葉の「本来の活用」を表すもので、

補助活用(カリ活用)とは、その言葉の「派生した活用」を表すものです。

そして補助活用(カリ活用)は、本活用連用形にラ変動詞「あり」の各活用と助動詞がつくことで生まれたものです。

たとえば、形容詞「なし」だと

「なく」+「あら」+打消助動詞「ず」

などです。

また、補助活用(カリ活用)は助動詞をともなうという性質がありますので、

助動詞を形容詞に接続させたいときには補助活用(カリ活用)を用います

以下の記事に詳しく書いてありますので、こちらもご覧ください。

ここにはなぜ補助活用をカリ活用と呼ぶのかも詳述しています

〔公式〕

本活用連用形+「あり」各活用+助動詞

(ただし終止形、已然形、命令形は除く)

補助活用+助動詞

古文の形容詞のまとめ

  • 言い切りは「し」
  • ク活用(客観)とシク活用(主観)
  • 本活用補助活用
  • 本活用+「あり」の各活用(終止形、已然形、命令形除く)+助動詞=補助活用+助動詞




コメント

タイトルとURLをコピーしました