スポンサーリンク

【識別】4つの「ない」

この記事は約5分で読めます。

はじめに

今回は「ない」という語について学んでいきましょう。

はじめに確認しておきますが、

「ない」には

①助動詞「ない」

②形容詞「ない」

③(補助)形容詞「ない」

④形容詞の一部「ない」

の4つがあります。

例文は以下の通りです。

①元気が出ない

②元気がない

③元気ではない

④頼りない

それではそれぞれの識別方法を確認していきましょう。

概要

①について、

付属語は自立語につかないといけないので、

付属語である助動詞「ない」はそれ単体では文節になりません。

一方で

②、③について

自立語はそれ単体で文節になるので、

自立語である形容詞はそれ単体で文節になります。

また③について、

補助形容詞とは、

本来の意味から離れて用いられる形容詞のことです。

したがって、

この形容詞「ない」のうち、

本来の意味「不在」ではない、

「否定」を表す「ない」を補助形容詞といいます。





解説

①助動詞「ない」

①元気が出ない

②元気がない

③元気ではない

④頼りない

ここでは

①元気が出ない

について解説します。

まずポイントは

  • 動詞(の未然形)に接続している
  • 動詞の意味を打ち消している

この2つです。

つまり

助動詞「ない」には、

接続する動詞を打ち消す働きがあります

ここでは、

①「元気が出る」の動詞「出る」を打ち消して「出ない」となっています。

ですので、「動詞に接続している」という点から

①「元気が出ないの「ない」が助動詞ということになります。

また、

打ち消しの助動詞「ない」が接続するのは、

動詞「未然形」になります。

活用形については以下をご参照ください。

   

加えて、

助動詞「ない」は

食べられない

のように、

他の助動詞(ここでは「られ」)を打ち消すこともできます

よってここまでのことをまとめると、

  • 動詞(の未然形)に接続
  • 動詞の意味を打ち消す
  • 助動詞(の未然形)にも接続

とまとめられます。

大切なポイントは、動詞に接続するということです。






②形容詞「ない」

①元気が出ない

②元気がない

③元気ではない

④頼りない

②元気がない

の「ない」は形容詞です。

①で確認した

①元気が出ないの助動詞「ない」との違いは、

動詞や助動詞には接続しない

ということです。

②元気がないの「ない」は助詞「が」に接続しています。

このように、

動詞や助動詞ではないものに接続する場合、

「ない」は形容詞となります。

ただし形容詞の「ない」にも2種類があります。

  • 動詞や助動詞ではないものに接続する
  • 形容詞「ない」には二種類ある(次節)





③補助形容詞「ない」

①元気が出ない

②元気がない

③元気ではない

④頼りない

まず補助形容詞とは、

本来の意味を離れて用いられる形容詞のことです。

形容詞「ない」の場合を見てみましょう。

形容詞「ない」の本来の意味は「不在」です。

しかし

「不在」の意味を離れ「否定」として用いられることもあります。

例えば、

②「元気がないの「ない」が不在を表します。

「元気」が「不在」(存在しない=ない)であると考えられます。

一方で、

③「元気ではないの「ない」は

「元気」が不在であることを表しているというよりも、

「元気」を「否定しているものです。

さきほども書いたように、

形容詞「ない」のもともとの意味は「不在」です。

一方で

もともとの「不在」の意味を離れ「否定」の意味を表すことがあります。

それが補助形容詞「ない」です。

補助形容詞は形式形容詞といわれることもあります。

  • 形容詞「ない」には「不在」と「否定」の意味がある。
  • 「不在」がもともとの意味
  • もともとの意味を離れた「否定」の方を補助形容詞という




④形容詞の一部

①元気が出ない

②元気がない

③元気ではない

④頼りない

④の「頼りないのように形容詞の一部になっているものがあります。

ほかには

「はかない」

「おぼつかない」

「情けない」

などがあげられます。

自立語と付属語

①元気が/ない←助動詞

②元気が/ない←形容詞

③元気では/ない←補助形容詞

④頼りない←形容詞の一部

/は文節の区切れを表します。

付属語は、助詞と助動詞のことです。

一方で

自立語は、付属語以外です。

また自立語はそれだけで文節を作れますが、

付属語は、それだけで文節を作れません。

常に自立語とセットで文節になります。

①「ない」は

助動詞なので付属語です。

したがって

「出」と分けて文節を作ることはできません

一方で、

②、③「ない」は

形容詞なので自立語です。

したがって

「が」「では」と分けて文節を作れます。

「ない」の識別は文節に区切る問題で有効です。

ちなみに文節や自立語・付属語の関連内容は以下からご覧ください。






コメント

タイトルとURLをコピーしました