スポンサーリンク

古文)ラ行変格活用

この記事は約2分で読めます。

ラ行変格活用

この表は古文における9つの活用の種類をまとめた表です。

これの「あり」「ラ行変格活用」を見てください。

このように「ら、り、り、る、れ、れ」と変わるものをラ行変格活用(ラ変)といいます。

ラ行変格活用(ラ変)は、数が少なく、「あり」「り」「はべり」「いまそかり・いまそがり」しかありません。

楽勝ですね。




なぜラ行変格活用というのか

なぜラ行変格活用は「ラ行」「変格活用」というのでしょうか。

「あり」に下の言葉をつけてみてください。

「あらず」「ありけり・ありて」「あり。」「あるもの」「あれども」「あれ」となります。

「あらず」「ありけり・ありて」などの作り方は以下をご参照ください。

さて、さきほどの「あらず」「ありけり・ありて」「あり。」「あるもの」「あれども」「あれ」の2文字目(「あり」の活用語尾)に注目してください。

すると「ら、り、り、る、れ、れ」のラ行だけで変わります。だから「ラ行」というのです。

また、ラ行変格活用は下の表のように「a.i.i.u.e.e」と変わります。

「a.i.i.u.e.e」は「a.i.u.e」の四段なので、一見すると四段活用のようです。しかし、動詞には基本的に「終止形はu段」というルールがあります。そのため、ラ変の「a.i.i.u.e.e」は終止形が「i」のため、「終止形はu段」というルールに反します

だから「変格活用」というのです。

まぁどのみち、ラ行変格活用は「あり」「り」「はべり」「いまそかり・いまそがり」しかないので楽勝ですね。




「居り」と「居る」

さて、ここで「居り」と「居る」について違いを考えましょう。

「居り」は「をり」、「居る」は「ゐると読みます。

また、「居り」はら、り、り、る、れ、れ」なのでラ行変格活用です。

「居る」は「ゐ、ゐ、ゐる、ゐる、ゐれ、ゐよ」なので下一段活用です。

また、意味の違いは、

り」が「じっとしている・留まっている」のような意味です。

一方で「る」は「座る・じっとしている・留まっている」のような意味です。

り」と「居る」は酷似しているので気をつけたいところです。




コメント

タイトルとURLをコピーしました