スポンサーリンク

古文)サ行変格活用の基礎!

この記事は約3分で読めます。

サ行変格活用

これは古文における動詞の活用の種類をまとめた表です。

「す」「サ行変格活用(サ変)」を見てください。

「す」のように「せ、し、す、する、すれ、せよ」と変わるものをサ行変格活用(サ変)といいます。

さて、このサ行変格活用(サ変)は、基本的には「す」「おはす」などです。

たとえば、「ものす」「奏す」などもサ行変格活用ですが、これはひとまず置いておきましょう。

とどのつまり、サ行変格活用は「す」「おはす」と思っておきましょう。




なぜサ行変格活用というのか

サ行変格活用(サ変)はなぜ、「サ行」「変格活用」というのでしょうか。

下の表の語を、「す」を活用させてつけてみてください。

すると「せず」「しけり・して」「す。」「するもの」「すれども」「せよ」というようになりますね。

ちなみにこの仕組みについては以下を参照してください。

さて、さきほどの「せず」「しけり・して」「す。」「するもの」「すれども」「せよ」のうち、1文字目に注目してみると、

「せ」「し」「す」「す」「す」「せ」のサ行だけですよね。だから、「サ変」変格活用というのです。

そしてなぜ「変格活用」というのかというと、

サ変は活用する際の母音が下の表のようにe.i.u.u.u.e」となり、四段活用や上一段活用、上二段活用また下一段活用、下二段活用のような規則がありません。

ですので、「変格活用」というのです。

まぁどのみちサ行変格活用(サ変)は数が少ないので、楽勝ですね。




ザ行変格活用はない?

動詞の中には「念ず」や「こうず」、「しょうず」「おもんず」のように、「ぜ、じ、ず、ずる、ずれ、ぜよ」と活用するものがあります。

「ざ、じ、ず、ぜ、ぞ」で活用するため、「ザ行変格活用」だと思う生徒はやはりいます。

しかし、「ザ行変格活用」はありません。

口語(現代語)で「恥じる」「重んじる」などは「じ、じ、じる、じる、じれ、じよ」のように「ザ行上一段活用」があるので、それと混同しがちですが、

ザ行変格活用はありません

テストで「念ず」あたりの活用の種類を書かすとだいたい生徒は間違えます。

恐らく「ザ行変格活用」がないのは、

そもそもサ行変格活用自体、「変格活用」というように特殊なものなので、それを更に細分化する必要がないから。

また、本来「サ行変格活用」の発音だが、発音の都合により「ザ行」になったから

というような理由だと思われます。

まぁここまでの説明をするかはともかく、以下は押さえましょう。

  • サ行変格活用の代表は「す」「おはす」
  • サ行変格活用は「せ、し、す、する、すれ、せよ」で活用する
  • ザ行変格活用はない




コメント

タイトルとURLをコピーしました