スポンサーリンク

古文)下一段活用の基礎!

この記事は約1分で読めます。

下一段活用はこれだけ!

下一段活用は「蹴る」のひと単語のみです。

楽勝ですね!

なぜ下一段活用というのか

これは古文における9つの活用の種類をまとめた表です。

これの「蹴る」「下一段活用」を見てください。

すると「け」「け」「ける」「ける」「けれ」「けよ」で全て「e.e.e.e.e.e」ですね。

このようにe段だけで変わるものを下一段活用(「蹴る」のみ)といいます。

ちなみに、「け」「け」「ける」「ける」「けれ」「けよ」の作り方は、

これを「蹴る」につけてみてください。

「けず」「けけり・けて」「ける」「けるもの」「けれども」「けよ」となります。

これについてもっと知りたい方は以下もどうぞ。

それではなぜ下一段活用は「下一段」なのか。

それは、「u段よりも一つ下のe段だけで変わる」からです。


まぁともあれ、下一段活用は「蹴る」だけと思えば問題ありません。




コメント

タイトルとURLをコピーしました