スポンサーリンク

古文)下二段活用の基礎!

この記事は約1分で読めます。

下二段活用

「受く」「下二段活用」を見てください。

「受く」は「e.e.u.u.u.e」と変わっていますよね。

このように「e.e.u.u.u.e」と変わる活用の種類を下二段活用といいます。

それではどのようにして、「e.e.u.u.u.e」を見つけるか。

それは

を使います。

これを「受く」につけてみてください。すると「受けず」「受けけり・受けて」「受く。」「受くもの」「受けども」「受け」となります。

これについてもっと理解したい方は以下もどうぞ。





なぜ下二段活用というのか

下二段活用はなぜ「下二段」なのでしょうか。

下二段活用は「e.e.u.u.u.e」でしたね。

ここから、下二段活用は「u段とそのひとつのe段の二段で変わる」と言えます。

だから「e.e.u.u.u.e」と変わるものを下二段活用というのです。


下二段活用は覚えると言うよりも「理解」していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました