言葉

スポンサーリンク
文法概説

品詞の話 part⑤ 接続詞・感動詞

はじめに ここでは「しかし」「だから」などの接続詞と 「やあ」「こんにちは」などの感動詞 について学んでいきます。 そして、これまで品詞についての概要をpart①~④でみてきました。 以下の記事もご確認くださ...
2022.01.23
文法概説

品詞の話 part⑥ 助詞

これまで品詞についてみてきました。以下をご参照ください。 本記事では「助詞」というものを見てきます。 助詞 助詞とは付属語で活用のない語をいいます。付属語に関しては以下をご参照ください。 助...
2022.01.23
文法概説

品詞の話 part⑦ 助動詞

これまでの品詞の話は以下をご参照ください。 本記事では助動詞について簡単に説明します。 各助動詞の細かな説明はまた別の記事にします。 助動詞 助動詞は、活用する付属語で主に用言について意味を付け加える働...
2022.01.23
文法概説

古文の活用形 

はじめに 日本語には「活用形」というものがあります。 それは現代語文法(口語文法)でも、古典文法(文語文法)でもそれぞれ6種類です。 ただし口語文語と文語文法では、一部活用の種類が異なりますのでご注意ください。 ...
2022.01.23
文語文法

古文)動詞の活用の種類(まとめ)

はじめに 古文にも現代文にも活用の種類があります。 古文の活用の種類について言及する前に、 まず現代文の動詞の活用の種類を以下の記事を見てみましょう。 上が正格活用で、下が変格活用です。 ...
2022.01.23
口語文法

【識別】「食べる」と「食べる」は異なるの?終止形と連体形

はじめに 本記事では終止形と連体形の識別の仕方を書きます。 1、わたしはご飯を食べる。 2、わたしはご飯を食べることが好きだ。 この二つの「食べる」は両方同じ形にみえる「食べる」ですが、実は活用形が異なるのです...
2022.01.23
文語文法

古文)超簡単な基礎理解!活用の種類の見分け方

活用の種類とは 活用の種類とは、 用言(動詞・形容詞・形容動詞)が どのように活用する(形を変える)か分類したものです。 それは 現代語の文法では5個、 古文の文法では9個 になります。 本...
2022.01.23
文語文法

古文)四段活用の基礎!

はじめに 古文は現代語と異なる活用の種類です。 活用の種類とは、その語の活用の仕方を言いますが、くわしくは以下もご参照ください。 本記事では古文の活用の種類の一つ「四段活用」というもの...
2022.01.23
文語文法

古文)上一段活用の基礎!

上一段活用(覚え方) 上一段活用は動詞の活用の仕方です。 上一段活用になる動詞は数が少ないです。 これは 贔屓ひいきに見入る(ひいきにみいる) で覚えられます。 「干ひる・乾ひる」、 「射る・鋳い...
2022.01.23
文語文法

古文)上二段活用の基礎!

上二段活用の活用 上の表を見てください。これは古文における9つの活用の種類をまとめた表です。 この中の「落つ」「上二段活用」の段を見てみましょう。 そこに「i.i.u.u.u.i」とありますね。 このように変わ...
2022.01.23
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました