スポンサーリンク
口語文法

活用形とその意味?(口語文法)

はじめに 国語を文法的に学ぶにあたって欠かせないのが、言葉を分節することです。 分節するとは、例えば、文章を段落に分けたり、段落を文で分けたり、文を文節に分けたり、文節を単語に分けたり、ひいては単語を音声や音素と呼ばれる発音に...
口語文法

活用の種類の正格活用(口語文法)

はじめに 今回は活用形とよく混同される「活用の種類」について書きます。そちらも併せてお読みください。 そして今回は現代語文法(口語文法)についてまとめます。 古典文法(文語文法)については以下を参考にしてくだ...
口語文法

右側主要部の原則/規則

はじめに 言葉というのは非常に面白いものでさまざまな法則やルールがあります。 ここでは「右側主要部の原則/規則(以下右側主要部の原則)」というものを紹介します。 これ自体が入試に出ることはありませんが、言葉の面白さを知っ...
口語文法

活用の種類の変格活用(口語文法)

はじめに 活用の種類には「正格活用」と「変格活用」があります。本記事では「変格活用」について書きます。正格活用は以下の記事をご覧ください。 また古文における活用の種類にも正格活用と変格活用があります。以下も参考にし...
口語文法

言葉の単位

はじめに 言葉の単位とは、世界に無数にある言葉を区切り取るという、いわゆる「分節」をすることです。「文節」ではなくて「分節」です。 言葉という本来目に見えないものを可視化し、それを細かく分けていきます。 このような視点が...
口語文法

品詞の話 part② (用言)

はじめに 今回は品詞に関する内容のpart②です。①は以下よりご覧ください。 前回の続きになります。ぜひそちらからご覧になると理解が深まると思います。 また以下は品詞part①~⑦のまとめになります。 ...
口語文法

品詞の話 part③ 体言

はじめに 前回までに①自立語・付属語 ②用言 について記事を書きました。ご参照ください。 本記事では「体言」というものについて書きます。 概要 用言や助動詞の活用形に「連...
口語文法

品詞の話 part④ 副詞・連体詞

はじめに これまで品詞の話をpart①~③までしてきました。以下もどうぞ。 今回は連体詞・副詞について学びます。 あまり学校では触れる機会の少ない品詞だと思いますが、ここでしっかり学ん...
口語文法

【識別】「食べる」と「食べる」は異なるの?終止形と連体形

はじめに 本記事では終止形と連体形の識別の仕方を書きます。 1、わたしはご飯を食べる。 2、わたしはご飯を食べることが好きだ。 この二つの「食べる」は両方同じ形にみえる「食べる」ですが、実は活用形が異なるのです...
口語文法

【「ね」を使わない】文節の分け方

中学生は文節というものを学習します。 たとえば、 今日の朝はいつもカーテンからこぼれる光が届かない。だから起きられなかったというわけではない。 という文節に分けてみましょう。 すると、 今日の/朝は/いつも/...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました