活用の種類

文語文法

古文)ナ行変格活用の基礎!

ナ行変格活用 これは古文における動詞の活用の種類をまとめた表です。 「死ぬ」「ナ行変格活用」を見てください。 「死ぬ」のように「な、に、ぬ、ぬる、ぬれ、ね」となるものをナ行変格活用(ナ変)といいます。 さて、このナ行変格活用(ナ変)は「死ぬ...
文語文法

古文)ラ行変格活用

ラ行変格活用 この表は古文における9つの活用の種類をまとめた表です。 これの「あり」「ラ行変格活用」を見てください。 このように「ら、り、り、る、れ、れ」と変わるものをラ行変格活用(ラ変)といいます。 ラ行変格活用(ラ変)は、数が少なく、「...
文語文法

【古文】活用の種類ア行・ヤ行・ワ行の見分け方

はじめに 高校一年生の時に習うけれど、 受験の時にはもう忘れていることが多い活用の種類(四段活用など)と行(ア行など)。 そのなかでも「ア行」「ヤ行」「ワ行」の区別がつかない生徒は多いです。 たとえば 「得」「老ゆ」「飢う」の区別です。 本...
口語文法

活用の種類の正格活用(口語文法)

はじめに 今回は活用形とよく混同される「活用の種類」について書きます。そちらも併せてお読みください。 そして今回は現代語文法(口語文法)についてまとめます。 古典文法(文語文法)については以下を参考にしてください。 ちなみに現代文の文法のこ...
口語文法

活用の種類の変格活用(口語文法)

はじめに 活用の種類には「正格活用」と「変格活用」があります。本記事では「変格活用」について書きます。正格活用は以下の記事をご覧ください。 また古文における活用の種類にも正格活用と変格活用があります。以下も参考にしてください。 本記事では現...
文語文法

古文)動詞の活用の種類(まとめ)

はじめに 古文にも現代文にも活用の種類があります。 古文の活用の種類について言及する前に、 まず現代文の動詞の活用の種類を以下の記事を見てみましょう。 上が正格活用で、下が変格活用です。 ちなみに現代語の文法のことを「口語文法」、 古典にお...
文語文法

古文)四段活用の基礎!

はじめに 古文は現代語と異なる活用の種類です。 活用の種類とは、その語の活用の仕方を言いますが、くわしくは以下もご参照ください。 本記事では古文の活用の種類の一つ「四段活用」というものについてまとめます。 四段活用 四段活用は動詞の活用の仕...
文語文法

古文)超簡単な基礎理解!活用の種類の見分け方

活用の種類とは 活用の種類とは、 用言(動詞・形容詞・形容動詞)が どのように活用する(形を変える)か分類したものです。 それは 現代語の文法では5個、 古文の文法では9個 になります。 本記事では古文を取りあげますので、 現代語の文法のほ...
文語文法

古文)上一段活用の基礎!

上一段活用(覚え方) 上一段活用は動詞の活用の仕方です。 上一段活用になる動詞は数が少ないです。 これは 贔屓ひいきに見入る(ひいきにみいる) で覚えられます。 「干ひる・乾ひる」、 「射る・鋳いる」、 「着る」、 「似る・煮る」、 「見る...
文語文法

古文)上二段活用の基礎!

上二段活用の活用 上の表を見てください。これは古文における9つの活用の種類をまとめた表です。 この中の「落つ」「上二段活用」の段を見てみましょう。 そこに「i.i.u.u.u.i」とありますね。 このように変わる活用の種類を「上二段活用」と...